アレルギー

【実体験】ピアスの穴あけ2回目の挑戦!アレルギー体質でも化膿せず成功する方法

こんにちは。マタゾウです。

前回に続いてピアスの話。

さりげなくかわいいピアスのおしゃれってやっぱり憧れますよね。

水色のピアスとリボンの写真

初回のピアスの穴あけでは両耳が腫れあがって大変な思いをしましたが、あれから数年経ちまたなんとかピアスホールを作りたいと思って再挑戦しました。

今度は最初から、皮膚科へ行ってホール(穴)を開けてもらいました。

まず、ファーストピアスを選びます。
皮膚科でする場合はそこの皮膚科に用意されている種類から選ぶようになります。
ボードについた10個ぐらいの中から自分に合った物を選びます。

素材、デザイン等。
皮膚科にあるピアスはアレルギーを起こさないような素材を集めてあります。
私が選んだのはチタン製だったと思います。

ファーストピアスって、デザイン的にはあんまりかわいいのはありません。
ポストのサイズ(直径)が太い物が殆どです。

こんな感じです↓こんなにかわいくもないかな?

ファーストピアスの写真

今回は病院なので全面的に先生にお任せして安心です。

私は数年前、街中のアクセサリー屋さんでピアスをして化膿して大変な思いをしています。
なので、今回も病院での施術とはいえアレルギー体質であるが故、ある程度の覚悟はしていました。

そこで、化膿する前から先生にお願いして化膿止めをもらいました。
化膿する前、当日から化膿止めの薬を飲みました。
体に合わないのはわかっているのにそこまでしてもおしゃれがしたい!
当時はそんな感覚だったと思います。

その甲斐あって今回は大事には至らずファーストピアスの期間の2か月ほど?を無事に過ごす事ができました。

・ピアスの穴開けは病院でしよう!

・病院にあるピアスから選ぼう。チタンポストがお勧め!

・それでも化膿したらすぐに病院へ行きましょう。

それでもやっぱりピアスだと膿んでしまうという方にはこちらもオススメ神戸貼るピアス

神戸発の貼るピアス専門店。安心の医療用両面シールを使用します。金属アレルギーやピアスNGの方への強い味方。30~40代の女性に好評です。50代以上でも大丈夫!おしゃれな神戸の街に似合う、シンプルで上品なデザイン。専属デザイナーが神戸の工房にて製作しています。

ABOUT ME
マタゾウ
マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。