ギフト

沖縄35COFFEEは1杯のコーヒーがサンゴを育てるエコなお土産だ

こんにちは。マタゾウです。

海好きな私に友人が買ってくれたもの。それがとても珍しく興味深いものだったのでみなさんにもご紹介したいと思います。その名は「35COFFEE」 サンゴロースト?と書いてある。沖縄県宮古島のお土産だ。しばらく考えてひらめいた。サンゴとかけて35ね。

でもほんとは「スリーファイブコーヒー」と呼ぶそうだ。パッケージはシンプルでおしゃれだけど、気になるのはソコではなく「サンゴロースト」と「サンゴを育てる」ってこと。コーヒーがサンゴを育てると聞いてなんのことかわかりますか?ではどういったコーヒーなのか早速みていきましょう。

35COFFEEのパッケージ

まず飲んでみた

難しいことは考えずにまずは飲んでみる。袋を開けると中細挽きの粉でおだやかな香り。毎朝の日課、早速コーヒーメーカーで淹れてみた。

35COFFEEの豆を挽いたところ
  • 強い苦味や酸味の強引さがない
  • 包まれるようなまろやかさ
  • ほんのり甘い
  • コーヒーが苦手な人でもいけそう
  • 後味さわやか

美味しい。ほんとうに美味しい。このコーヒーはパンチの効いた突き抜けた鋭さはありませんが、どことなく穏やかな南の海をイメージさせるあたたかさがあります。

忙しい日々も午後の一杯でほんわかと優しい気持ちにしてくれますよ。でもなんでこんなにやさしい味なんだろうか。

35COFFEEをミントンマグカップに入れた

35COFFEEについて

沖縄のサンゴの写真

おきなわの「サンゴ」は県の漁業法で県外への持ち出しが禁止されています。死んだ骨格サンゴもです。

まろやかさの秘密はサンゴロースト

やさしい味わいはこれだった。「サンゴ焙煎」。

風化した骨格サンゴを200度以上まで温めてコーヒー生豆を焙煎します。コーヒーの生豆はそのままだと味も香りもない。焙煎することであの独特のうまみが現れるのです。

サンゴ熱でじっくりと焼き上げるのでコーヒー本来のまろやかな美味しさを楽しめるんです。サンゴは沖縄県外へ持ち出すことができないので、この「サンゴ焙煎コーヒー」は沖縄でしか作ることができない貴重ナコーヒーなのです。

35COFFEEのサンゴ焙煎のイメージ図

珊瑚への活動について

何気ない1杯のコーヒーで沖縄の海にサンゴが増える

沖縄のサンゴは10年前と比べると10分の一に減っているそうです。地球温暖化など様々な原因から大切な自然が失われつつあります。

35COFFEEの売上の3.5%はサンゴ再生活動に活用している

下の写真にあるように、35COFFEEの会社はベビーサンゴを移植し大きく育てる活動をしています。

35COFFEEのベビーサンゴ移植の写真

移植18ヶ月後には、サンゴが立派な群集に育ち、小魚の家となり、
そこには中型魚、大型魚、その他生物が共存し「海」の生態系へとなります。

35COFFEEのECOメッセージ

まとめ

飲んだ時に、あっこのコーヒーいつものと全然ちがう。コーヒーがまろやかで美味しい。

意外な発見だった。今までは苦味が強いのが好きだったのに、35COFFEEで私のコーヒー好みにも幅ができた。次に沖縄に行った時の、お土産選びはもう迷わない。35COFFEEに決まり。海好きな人やエコに関心がある人へのお中元、お歳暮にもおすすめ。沖縄の自然を離れたところから応援できる1杯のコーヒー素敵だとおもいませんか。

みなさんも一度このコーヒーを飲んで、ちょっぴりあったかい気持ちになってもらえたら嬉しいです。

【お勧め】グアム土産でお菓子以外ならゴディバのコーヒー!チョコの香りは絶品!こんにちは。またぞうです。 グアムやハワイに行った時のお土産を何にするか、って悩みませんか? 私はバラマキ系にはお菓子を買う...
結構本格的な焙煎コーヒー豆。秋田Coffeeってどこで買える?こんにちは。マタゾウです。 大好きなコーヒー豆をいただきました。 どこかのお土産という訳ではありませんが、友人からもらってこ...
ABOUT ME
マタゾウ
マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。