長野県伊那市のB級ご当地グルメローメンって何?まずい?一度は食べたい不思議と癖になる味

用事で長野県伊那市に行った時に、ローメンが有名と聞きました。

ラーメンなの?ローメン?何それ。聞いたことないなと思いながら調べてみると、長野県伊那市のソウルフードとしては、ソースカツ丼と並び2大ご当地B級グルメとして有名でした。

伊那市駅付近に近づくとローメンの看板やのぼりが目立ってきます。

未知の味、伊那市のローメンをご紹介します。

ローメンって何?

伊那市田村食堂のローメン

こちらが伊那市、田村食堂のローメンです。見た目はさらに何これ?ですよね。

ラーメンなの?焼きそばなの?という見た目…

炒肉麺(チャーローメン)略称ローメンは、羊肉と野菜を炒め蒸した太めの中華麺を加えた長野県の伊那地方の特有の麺料理。ラーメン用のスープを加えるものと加えないものがあるが、ラーメンとも焼きそばとも異なる独特の風味の料理でもある。

※ウィキペディアより引用

チャーローメンのチャーが取れてローメンと呼ばれるようになったようです。

伊那ローメンズクラブという団体もあるようです。私が行った田村食堂さんの名前もありました。

長野県伊那市はどこ?

長野県伊那市の地図

長野県伊那市は山梨県に隣接しています。面積としてはかなり広いですね。

気になる味は?

ローメンは自分の好きな味に後からしてね、っていうことみたいで、テーブルには色んな調味料が並んでいます。

伊那市のローメンテーブルの調味料

恐る恐る食べてみると、生まれて初めての味でした。

汁ありと汁なしがあるようですが、今回私が入ったお店のものはスープありのものでした。今度スープなしのものも食べてみたいなぁ。

味はソース味のスープに太目のかなりコシのある麺。ラーメンのスープがソース味みたいな感じです。えっ?ちょっと不思議ですよね。それって絶対まずいよね、という組み合わせなんですが。

それが、不思議と美味しかったんです。これは表現するのが難しいんですが、初めての味なんですがありだと思います。これを最初にあみ出した人はすごいと思います。衝撃的なんですが、しばらくするとまた食べたくなるやつです。

特徴は羊肉(マトン)を使っているところで、ちょっと固かったけど臭みは無かったので抵抗なしでした。

伊那市ローメンを完食したところ

完食後のスープはこんな色(笑)ですが、最後スープだけでもすすっていました!おいしい。

今回は田村食堂さんでいただきました。門構えはちょっと入りづらかったお店ですが、中に入るとお客さんはほぼ満席で賑わってました(コロナ禍なのでソーシャルディスタンスを守って)。

おみやげも売ってる

伊那市ローメンのお土産

お土産も売っているとのことで近くのAコープさんに飛び込んで買ったんですが、こちらは3食入り1,000円弱でした。お土産に購入しました。家で作ったらどんな味になるのか興味あります。。。が今度感想を聞いてみたいと思います。

家でローメンを作っているところ

上の画像は差し上げたローメンを自宅で作ってくれたところです。

この人は羊肉(マトン)で作るのを知らなかったのか、豚肉で作ったようですが麺にコシがあっておいしかったと言ってました。

別の人は「やっぱりローメンは羊肉(マトン)でしょ」とわざわざスーパーで買って来て作ったそうです。自宅で作ってみる方はローメンと言えば羊肉(マトン)が特徴なのでぜひ羊肉で作ってみてください。

まとめ

長野県伊那市に行くことがあったら、ぜひ一度は食べてほしいB級グルメのローメンでした。

伊那市には90店舗ほどのローメンのお店があるようです。お店によって味が色々違うみたいです。

 

ABOUT ME
マタゾウ
マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。