買ってみたもの

昭和の特許ごますり器スリッキーNをハンズで見つけた話

昭和レトロなごますり器スリッキー

ごますり器をお探しですか?

ごますり器スリッキーの写真

私は昔実家で使っていた、この昭和レトロなごますり器をまた使いたいなと思いあちらこちらの店でずっと探していました。

近所のスーパーはどこにも無く、地方(田舎)のスーパーなら置いているだろうとどこかへ行ったついでに探しても無くて、諦めかけていたところが、都心の東急ハンズでたまたま見つけました。

日常のささやかな感動だったので記事にしてみたいと思います。

特許ごますり器スリッキーNとは

名古屋にある昭和24年創業の株式会社角大産業という会社が、日本初の家庭用ごますり器を考案したそうです。

ネーミングもいいですね。ごまをするからスリッキー。名前は今回改めて知りましたがかわいい。

そと箱のデザインが昭和レトロ感ありますね。おそらく昭和の時代のそのままの箱なのだと思います。そこがまたいいんですよね。

特許ごますり器と書いてあります↓

スリッキーNの箱

まさにかわいい「文化的な食卓のマスコット」です。

特許ごますり器スリッキーの箱

箱の側面の説明書きも何ともレトロでいいですよね↓

スリッキーNの箱の側面

下の写真は箱の上部です↓

ヘラナイ ワレナイ シメラナイ」片仮名なのが目を引きます。

ワレナイ→容器が割れない

シメラナイ→ごまが湿らない

で、ヘラナイ→は何が「減らないの?」って思わせるところがニクイね(笑)↓なんだろ。

 

特許ごますり器の箱ヘラナイワレナイシメラナイ

ハンズのごますり器売場

何気なく東急ハンズのキッチン用品売り場で目に止まったごますり器コーナー。

電動と手動のもの、今風のおしゃなもの、粒コショウをカリカリ回して出すような調味料入れタイプなどざっと10種類ぐらいあったと思います。

何千円もする高級ごますり器から数百円のものまで色々あって楽しい。今回買ったスリッキーNのごますり器は一番安くて430円(税込)でした。

東急ハンズネットストアはこちら。

お近くにハンズが無い方や、東急ハンズネットストアで在庫なしの時はこちらから↓

[itemlink post_id=”4023″]

ごますり器スリッキーNの良い所

癒される形(シルエット)

手に馴染む形。ホッとするこの猫背シルエット。

シンプルイズベスト。

カオナシに似てるシルエットのスリッキーN

似てる。。。

 

 

アイツに。。。

 

 

 

 

千と千尋の神隠しのカオナシとごますり器が似てる

※サイト/ciatrより引用

ジブリの「千と千尋の神隠し」の癒しキャラのカオナシにどことなく似てます(笑)

楽しみながらすれる

お年寄りから小さな子供でも食卓で楽しみながらごまをすれます。

今度、孫が来た時にそろっと食卓に置いといてやろうと思います。兄弟で取り合いになるのか、スルーされるのかさて楽しみです。

分解して洗える

電動のは洗えませんが、スリッキーはネジを外して分解すれば水洗いが出来て清潔です。

ごますり器スリッキーNの悪い所

手が疲れる

大量にごまをする場合はちょっと手が疲れる恐れがありますので要注意です。

まとめ

栄養満点のごま。ごまの脂質はコレステロールがゼロ。ごまに存在する成分のセサミンは生活習慣病などの多くの病気の原因となる活性酸素を抑制する働きがあると言われている抗酸化物質です。

若返りのビタミンEも含まれてます。

ごまはそのままでは栄養の吸収が悪く、すりつぶすことで吸収がよくなるようです。

もう一つ黒ゴマ用も買おうと思います。買えてよかったー❣❣

神戸屋のマイケーキ懐かしい
神戸屋のマイケーキ見つけて感激したわ!懐かしすぎて嬉しくて 老親の様子を見に大阪に帰っていて、近所のスーパーで思わずこのパッケージを見つけた途端に「わっっ懐かし~」と声が出てしまいました。...
ABOUT ME
マタゾウ
マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。

POSTED COMMENT

  1. […] 昭和の特許ごますり器スリッキーNをハンズで見つけた話ごますり器をお探… ABOUT ME マタゾウ マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。 スポンサーリンク […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。