白髪染め

白髪染めをやめてグレーヘアーにするにはブリーチでハイライトがおすすめ【体験談】

白髪染めをやめてブリーチでハイライト

長年の願望だった白髪染めをやめてみました。

私個人の体験談です。自分の記録の意味も込めて記事したいと思います。

興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

真っ黒な白髪染め

↑Befor

白髪は絶対隠すものと思って染めていた写真(※美容室 ル・グランシャトーさんアプリより引用)

なのにカット後には襟足部分は染めきれてない白髪がひょっこり現れてますね(^^;

グレイヘアーに向けてブリーチでハイライト

↑After(同日ではありません)

もう白髪染めはやーめた!と決めてブリーチでメッシュ(ハイライト)を入れてみた写真(※美容室 ル・グランシャトーさんアプリより引用)

白髪染めをやめたいと思った理由

  1. 2週間に一度の白髪染めが面倒
  2. 染めても出てくる白髪を人から見られてるのではないかというストレス
  3. 長年染めている頭皮毛髪へのダメージ

主にこのような理由からいつかは白髪染めをやめたいと思っていました。

50代後半になりかなり白髪が増えてきたので、全体染めは2か月に一度、特に気になる頭頂部の分け目は2週間くらいの間隔で染めていました。

私は40代半ば辺りから酷いジアミンアレルギーになって、ジアミンが原因だとわかるまではもう痒くて痒くて転げ回ってましたね。

👉詳しい記事はこちら

美容室で髪が傷みにくいと勧められてへナ(オレンジじゃなくて黒くなる方)を長年やってたけど、それでも痒くなって。

通販で昆布系のヘアカラートリートメントなんかも使ってみたりしてました。それでもやっぱり痒くなって。

美容室でアレルギーが出にくいと勧められたハーブカラーでも痒くなって。

染めるものがなくなって皮膚科で勧められたのがお歯黒式の染料。これにはジアミンが入ってないので私でもカイカイにはならなかったので今まで何年も使ってたものです。

ただし真っ黒にしかできない。染めて数日は黒すぎるぐらい黒です。でもジアミンアレルギーの方にはおすすめの染料です。

白髪に振り回されず、自然のままでいいんじゃないかなと思い染めるのをやめてみることにしました。

白髪染めをやめるタイミング

自分なりのタイミングがある

私は30代前半でちらほら白髪が生え始め、確か30代半ばでおしゃれ白髪染めを始めました。

30代、40代、50代前半までは私にとって白髪は見えてはいけないもの。憎っくき敵で出たら染め、出たら染めの繰り返し。染めないという選択肢はゼロ。

髪の毛はバサバサだし、細くなってきたし、なんだか薄くなってきた気もするので漠然と60才になったらやめようと思っていたものの、50代後半になったら「いや、まだ先だな」と心のゴーサインはなかなか出ませんでした。

2年ぐらいはもやもや、うじうじと密かに思い悩んでた気がします。グレイヘアーにあこがれて本を買って開いたり、閉じたり、、、(笑)を繰り返して。

2020年にコロナ禍でリモート中心の生活になったのも影響していると思います。誰もが経験したことがない世の中になって、ふぅ~と「あっもう染めなくていいや」という気持ちに変わっていきました。

だから白髪が見えるなんて絶対ムリ!と今は感じている人は白髪染めが面倒でもまだそのタイミングがきていないんだと思います。自然とそのタイミングが来たらチャレンジすればいいと思います。

ずっと染めるのもあり

人それぞれなのでずっと染めて白髪を目立たないようにするのもありだと思います。

私もジアミンアレルギーでなかったら茶色の白髪染めをまだ楽しんでたかもしれません。茶色なら伸びてきた白髪も黒髪ほどは目立たないですもんね。

ずっと染めていると髪へのダメージが多少なりともあるとは思いますが、抜け毛なども気にならない範囲ならずっと染めるのもいいですね。

ダメならまた染めればいい

私の場合は今このタイミングで白髪染めをやめてもいいなと気持ちが固まったので、躊躇はなかったのですが、もし似合わなかったらどうしよう。変な目で見られたらどうしよう。一気に老け込んだらやだな。とか、やる前はやっぱり少し心配でした。

でもね、もし白髪染めをやめて後悔したらまた染めればいいだけの話なんですよね。

イメチェンの一つぐらいに軽い気持ちで始めるほうが楽ですよね。

白髪染めが面倒でも、今は便利な物がいっぱいあってお風呂でシャンプー後にちょいちょいとトリートメントすると徐々に染まるっていうのもありますよね。私のようにブリーチはちょっとという方はヘアカラートリートメントで自然に染めるというのもおすすめです。 待ち時間3分で染まるなんていう優れものもあります。

ブリーチでハイライト

白髪染めをやめてブリーチでハイライト

こちらがブリーチをしてハイライト(メッシュ)を入れた写真です。実際はもっと部分的に金髪になってます。

グレーヘアーに移行するには1年ほどかかると言われています。真っ黒に染めたところからスタートすると私のようにかなり白髪が多いと頭頂部だけが白くプリン状態(関西では毛染めが伸びたのをこう表現する)になって目立ってしまいます。

なんとしてもそれは避けたいので、回りを黒じゃなくできるだけ色を抜く(ブリーチ)と境目が目立たずグレーヘアーに移行できると考えました。

正解でした!これは1ヶ月くらい白髪染めをせずに美容室に行って、ブリーチでハイライトを入れた日の写真です。黒髪なら分け目の白髪がかなり目立っていましたが、それほど目立っていません。自然はハイライトの部分に向けられます。

なので今から白髪染めをやめてグレーヘアーに移行したいと思っている方は、ブリーチをしてハイライト(メッシュ)を入れるのもいいと思います。私のように真っ黒の髪の人には特におすすめします。

仕事先で派手な頭髪禁止の方は要注意です😉

カラーシャンプー

ホーユーのカラーシャンプー ホーユーのカラーシャンプートリートメントの成分表

カラーシャンプーというのがあるのは知りませんでした。こちらは美容師さんに教えて頂いたのですが、ホーユーのソマルカという商品です。私は美容師さんのおすすめでアッシュという色を買ってブリーチをした翌日から使っています。

しっかり色が付くのではなく、徐々にやさしい色味が入っていく感じです。

アレルギーが出るジアミンが入っていないので私でも大丈夫です。トリートメントと一緒に使うとより効果的のようです。手袋をしなくても素手でできます。手や風呂場の床壁は染まらないけど、透明マニュキュアの爪はうっすらと着色されます。でも除光液できれいに落とせて、コットンに着いた色は薄いエメラルドグリーン。

白髪は人によっては黄ばんでるみたいで、それに少し色味を加えてあげると雰囲気が出ると美容師さんにアドバイスをいただきました。グレイヘアーだからこそ、身だしなみとおしゃれは必要ですよね。

ぜひチェックしてみてね💖

信頼できる美容師さんは欠かせない

いつも美容室に行くときは、恥ずかしくないようにと家でバチっと白髪染めをして(後ろは残ってたけど)行ってました。

でも今回は白髪は伸びたままでモヤモヤした状態で美容室に行きました。もう染めたくないことは決まっていても、どういうスタイルにしたいのかが自分でも分からず、その気持ちを正直に伝えました。

白髪染めをやめるにしても、ただただ伸びてくる白髪で頭頂部がプリン(上だけ違う色)状態になるのはなんとしても避けたかった。真っ黒の髪でてっぺんだけ白、目立ちすぎますよね。

そこで相談しながら今回のブリーチをしてみることになりました。

ブリーチで気を付けることは、全体をブリーチすると品が悪くなる。

ブリーチした後の色は人それぞれ違うのでやってみないと分からない。

などと納得いくまで相談にのってもらえました。

白髪染めをやめるメリットとデメリット

メリット
  • 伸びてくる白髪に振り回されなくてすむ
  • 自分に正直でいられる
  • 黒い汗をかかなくてすむ(スポーツ時が恐怖でした)
  • 染める時間が節約できる
  • メイクやネイルをもっと楽しもうとする
  • 髪へのダメージを減らせる
デメリット
  • 完全にグレイヘアーになるまで時間がかかる
  • 気持ち老けて見える?

メリットとデメリットを考えてみたけど、デメリットの方が少ないんですよね。

多分、白髪を隠さないようになったので以前より前向きになったのだと思います。収穫です。

まとめ

あ~面倒な白髪染めをいつかはやめたいな、いやでもまだだな、と長い間のストレスでしたが、いざやってみると不思議なもので回りの反応が「前より若くなった」とか「この方がいい」とかゆっていただいたりと、案ずるより産むが易しでした。

徐々に頭頂部の分け目の白髪部分が増えていきますが、案外誰も見ていません(笑)

自分が気にならなくなればそんなもんなのかなと不思議な感覚です。今までは染めるのが楽なようにショートヘアにしていましたが、もう染めなくていいのでまた以前のようにボブにでもしてみようかなととっとワクワクしています。

人に無理強いするものでも無く、自分がそうしたいからする。そうやって楽に生きていけたらいいなと思います。どなたかの参考になれば嬉しいです(^^)

ABOUT ME
マタゾウ
マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。