虫除け

虫よけ剤のディートって何?赤ちゃんや小さい子供への影響は?

先日2歳の孫を公園に連れて行った時、孫に蚊がたかり、私もいつの間にか刺されてました。

蚊にさされると水膨れ、しまいにはとびひになりやすいタイプの私たち。孫のためにも虫よけ剤をさがしていると「ディート不使用」という文字が目に留まります。

ディート?って何だろう。不使用ってことは使うとまずいの?と思い調べてみたのでご紹介しますね。同じ疑問を持った方の参考になれば幸いです。

アロベビー ディート 虫よけ剤

ディートって何?

虫よけ剤(忌避剤)に含まれる化合物

※忌避(きひ)・・・嫌って避けること

ディート(ジエチルトルアミド)というのは、蚊などの虫よけ剤(忌避剤)に含まれる化合物。合成紫外線吸収剤である。日本では主にディート含有割合が12%のものが発売されていましたが、2016年に厚生労働省の認可がおり、現在ではディート含有30%の商品も一般的となり数多く売られています。

安価な為、世界中で使用されている成分ですが、皮膚が敏感なアレルギー体質の人は肌荒れを起こすこともあるので注意が必要です。

ディート 効果 何

元々はアメリカの海軍が使用した

ディートは元々は第二次世界大戦のジャングルで戦でのマラリア(蚊の媒介により高熱がでる伝染病で亜熱帯地方に多い)予防の為に開発された成分なのです。

濃度の違いは効き目ではない

濃度12%と30%の違い。パーセントが高い方がより虫よけ効果があるように思いますが実際は関係ありません。効果が持続する時間の違いなんです。12%含有のものは6時間、30%含有のものは8時間と言われています。12%以上のものは医薬品扱いとなります。

ちょっとしたお出かけや公園遊びには12%、キャンプなどのアウトドアで蚊の多い場所に長時間いる場合は30%がと用途に応じて使いわけるとよいでしょう。

赤ちゃんや子供への影響は?

ディート不使用をうたっている虫よけ剤があるということは、入ってると身体によくないの?って思いませんか?

安価な為、世界中で使用されている成分だということはわかりましたが、一方で肌荒れを起こすこともある。ということは。。

はたしてそれを肌の敏感な赤ちゃんや子供に使用しても安心かどうか。調べてみると色々とわかってきました。さらに詳しく見ていきましょう。

ディート 不使用 赤ちゃん

使用制限がある

ディートを含有する虫よけ剤を子供に使用する場合は回数などに制限があります。これは国で決められています。

生後6か月未満・・・使用しない

6か月以上 2歳未満・・・1日1回

2歳以上12歳未満・・・1日1~3回

目に入ったり、飲んだり、なめたり、吸い込んだりすることがないようにし、塗布した手で目をこすらいこど。

製品、その包装及び添付文書に、承認書に記載のディート濃度を明記すること。

厚生労働省HPより引用

顔への使用は禁止されている

赤ちゃんや子供に対しては顔への使用をしないこととされていますので注意が必要です。

赤ちゃんや子供に使う時は手の付近には塗布しない方が安心です。薬品が付いてるなんて関係なしに舐めてしまいます。

詳しい説明が厚生労働所HPにありますので参考にしてください。

エアゾールタイプは直接噴霧しない

小さい子供への使用は大人の手にとり、それを子供に軽く塗るようにする。直接に噴霧すると成分を吸い込み恐れがあります。

ディート 不使用 虫よけ

ディート入りの虫よけ剤は?

市場には沢山のディート入りの虫よけ剤が販売されています。私も全くディート入りを拒否しているわけではないですが、上手く使い分けたいと思います。

日本では50年以上もの長期に渡って使用してきて、現在では副作用報告はありません。諸外国でも販売停止をしている国もないとのことですので、あまり神経質にならなくてもいいとは思います。

必要なくなったら落とす

子供への使用制限はありますが、むやみに怖がる必要もありません。

ただ気を付けることは、蚊のいない場所に移動したら早めに洗ったりして落としておくことをお勧めします。洗い流せない時は塗れティッシュでふき取るだけでも違うと思います。

必要ない時は使わない!ということです。

ディート不使用でも虫よけ効果はあるの?

今までの説明ではディートは世界中の虫よけ剤にはごくごく一般的に含有されている事がわかりました。一方ではアレルギー体質の人や小さい子供には注意が必要な事もわかりました。

では、ディート不使用の虫よけ剤での効果はどうなんでしょうか。身体に優しいけど、効かないのなら意味がありません。はたして効き目はどうでしょうか。

楽天市場の口コミ(アロベビーUV&アウトドアミストの場合)

虫除け効果は確認できました!ベビーに使う前に自分に付けて草抜きをしてみましたが、蚊に刺されませんでした!!
UV効果はわかりませんが、虫除け効果は確認できました!
今度はベビーとのお散歩時に使用してみます♪

良いです赤ちゃんの肌にも異常は見られないし、蚊にも刺されなくなり日焼け対策もできるので最高です。においは少し強いですが上記を考えれば全く文句ないです。ありがとうございました。

この夏赤ちゃんに使用しました!
1度も虫にさされてません!
肌が弱い方だと思いますが肌荒れもしないので
とても重宝してます!

楽天市場より引用

ディート不使用の虫よけ剤では、天然成分の精油(精油は植物の香り成分を抽出したエッセンス)が使われていることが多い。

植物は自分では動くことができないため、虫が嫌う香り成分を自ら発して外的から身を守ることがあります。レモングラス・ローズマリーなどが有名です。ディート不使用の虫よけ剤ではその特性を利用しています。

植物特有の香りがするのはその為です。虫よけ効果は昔から証明されていますね。

ディート不使用の製品の紹介

利点と安心な点をご紹介します。

  • 赤ちゃんの顔にも使える(但し目には入らないように注意)
  • 新生児から肌の敏感な大人まで安心して使える
  • 手に付いた成分が口に入っても基本的には問題ない。

ディート不使用99%以上天然由来【アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト】

まとめ

虫よけ剤にも色々な成分のものがある事がわかりました。今までは気にする事もなく虫よけ剤を使っていましたが、孫との経験から調べることになりアレルギー体質の私にとっても多くの発見がありました。

ディート30%の強い効き目のものも、時として便利ですが、小さな子供や肌の弱い大人には天然成分のものが安心と言えるでしょう。

夏場の外遊びや秋のキャンプなどの野外活動では、蚊に刺されて膿む前に虫よけ剤でしっかりとケアすることをおすすします。

ABOUT ME
マタゾウ
マタゾウです。子供たちも独立し夫とパグ1匹との3人(?)暮らし。世の中の便利なサービスを利用して家事時間短縮と生活の質の向上を目指したい。みんなに役立つ情報を体験談を元にブログにゆるっと書いていきます。50代でパソコンわからんおばちゃんがブログに初挑戦!正しい大阪弁を忘れかけてきた東京在住の関西人。

POSTED COMMENT

  1. […] (合成紫外線吸収剤不使用・ディート不使用・無添加・無香料・無着色) […]

  2. […] (合成紫外線吸収剤不使用・ディート不使用・無添加・無香料・無着色) […]

  3. […] (合成紫外線吸収剤不使用・ディート不使用・無添加・無香料・無着色) […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。